五月晴れの昼下がり、OB会の後は吉城園で一人たたずむ!

a0265506_5352882.jpg


毎月末の金曜日はかって勤務した住友商事のOB会の生駒会に時間が合えば出席するようにしている。

我が総合商社のOB会は色々あるがたまたま奈良に住むOB達の集まりで最初に生駒で始まったらしい。

今回はシカゴでお世話になり副社長として貢献された方も参加され豪華な顔ぶれとなる。

近鉄奈良駅最上階の中華料理屋で思い思いのメニューウを頼み、ビールを一杯、話題は健康

山歩き、奈良県政から世界情勢と多岐にわたるが所詮よもやま話

この親父はこの会合が終わればかって気に入った<吉城園>が春の到来とともに

再開されているのと、久々の素晴らしい五月晴れの天候につられ訪問してみようと決めていた。

a0265506_5502275.jpg


この庭園は吉城川に沿い<池の庭><苔の庭><茶花の庭>に別れ<離れ茶室>があり

茶人に気に入られている。

人が多くなく、外国からの客に人気があり、園内にレストラン、喫茶コーナーが無いので

静かに読書をしたり移りゆく花々の写真をマクロで撮るのが楽しみである。

a0265506_5562261.jpg


現在仕事も趣味の内と言えば怒られるが仕事もさせていただき、新たな会社も仲間と立ち上げ

自由時間には昔の仲間と談笑し多すぎる趣味にも十分

時間をさくことも出来るこの世代ならではの至福の時間。

a0265506_6103167.jpg


Golden weekは満員状態の奈良大和路には敢えて出没せず家で夏野菜の仕込みをし

5月の第2週は大学のボート部仲間との小旅行。

幹事が素晴らしく、毎回 温泉、スポーツ、文化の香りの3つのテーマを満足させてくれるが

今回はとりわけ写経とM総合商社に勤務した東京在のメンバーが東京スタイルの奥様を説得して

和歌山の田舎で本格的な農家を営んでいるのではたしてどんな展開になっているのか

農場見学も入り誠に楽しみである。

また圧巻は3月末に瀬戸内の国から豪華ヨットで沖縄宜野湾に停泊し6月中旬まで豪華に大胆に

沖縄の海を楽しんでいる絵にかいたような豪勢な人生をenjoy している仲間とその奥様と一緒に

沖縄の海と、陸のセーリングが待っている。

我が商社の平均寿命は62歳で既に寿命は生かせて頂いた。

やはり長生きして真の人生を楽しみましょう!
[PR]
by cmftbl_wind5577 | 2012-04-28 06:38 | 名所旧跡
<< 静寂の装いに必要な鹿の効用! 我が家の風欄が咲いていた! >>