カテゴリ:雑件( 4 )

水の都、浪速の再生物語を北浜テラスから体感する!


a0265506_6163021.jpg


先日大阪市大ボート部のメンバー達との5回目の合宿が終わったが

我が大学のボート部は堂島川から臨む中之島界隈でデートを楽しむ2ショットを

斜めにそして羨ましげに見ながらただひたすらエイトを漕いで比重の重い堂島川の水しぶきをあげていた。


この親父は、1996年シカゴから瀬戸内の国に帰還し、時折永年勤務した住友商事本社を訪問し

大阪市役所から中之島界隈に足を延ばし中之島から堂島川を臨んだ際はあたり一面ブルーシートを匠に利用した

ホームレスたちがたむろし、どこかdangeraousな雰囲気が漂っていた。

ミシガン湖のほとり、Down Town Chicago の 南に位置するアウトロー地帯や

スイスレマン湖ほとりの公園でシャブを撃ち合う若者たちのたむろしたアウトロー地帯を思い出させた。


昨夜我が社で頑張る若手社員との懇親の場所を敢えて京阪電車北浜駅から歩いて3分程度に位置する

Casual Restaurant ≪ OUI≫を選びその地点から懐かしき堂島川から中之島界隈の夜景を楽しみながら

イタリアワインを楽しんだ。

a0265506_6322479.jpg


もう何年前にさかのぼるのか、水都大阪をお洒落な遊覧船を走らせ大阪水上バスが行き交い

視線が堂島川の水辺の見直しの必要性を官民挙げて大改革がなされ≪北浜テラス≫と銘打った一つの

PTも、街づくりの匠、ハートビートプランの泉代表から聞いていた。

現在今も中心市街地活性化で話題を発信し続ける高松市丸亀街の目を見張る再開発PTも同氏に少なからず

お世話になりその機会を通じて今でも適宜情報交換をさせていただいている。

a0265506_6521253.jpg


久々のサプライズを≪OUI≫のテラスから頂いた。 この雰囲気、この景観は正にglobal level

フランステームズ川でエッフェル塔を見上げながらお洒落な豪華客船から楽しめるパリのダウンタウン

ローレライやシュロス、ヨハネスブルグ城を見ながら楽しむライン下り

この景観は世界の老若男女にもつながる素晴らしいAIRが流れている。

a0265506_711469.jpg


昨年帰還したこの親父のふるさと大和路の魅力を構成する世界遺産や神社仏閣は値千金であるが

それだけではやはり大和路に住む住民には魅力に欠け何か ≪something X ≫の企てが必要である。

a0265506_7175311.jpg


我がGP会社の再生や活性策に向けての青写真造りで話題は大いに盛り上がったが

我が大和路の旧市内の活性化が何故か頭に浮かび、夜更けまで何処か覚めたfeelingが邪魔をした一夜であった。
[PR]
by cmftbl_wind5577 | 2012-05-23 07:33 | 雑件

日々主役が代わる今時の花々!

a0265506_640777.jpga0265506_6404938.jpg

気圧の谷の影響で各地で春の嵐で御機嫌斜め




東京隅田川向島での久々の高級料亭での会食が春のあらしでどうなる事やらと心配したが日頃の行いのお陰か無事かっての仲間たちと旧交を温め、更にこの親父がお願いした新たな仕掛けも一応快く理解いただき、充実した気持ちでそして大和路に帰還する事が出来た。



我が家の小さな庭にも日替わりメニューで春を告げる花々が咲き乱れこの親父の帰りを待ち受けてくれている

a0265506_6503881.jpg


a0265506_752511.jpg

a0265506_6551011.jpg

a0265506_765342.jpg


                 里山や高い山にひっそりと咲いている花、河原に咲く野草

                 全ての花がどうしてこんなに完璧な姿をしているのか

                 与えられた短い期間でも手を抜かず精一杯咲いてくれる花々にやはり人間様は感謝せざるを得ないのではないか!
[PR]
by cmftbl_wind5577 | 2012-05-11 07:07 | 雑件

こどもの日のSuper Moonは?!

a0265506_1019422.jpg


NASAによれば昨日の子供の日と本日5月6日は Super Moon が楽しめるのではと期待していた。

即ちお月さんは地球の惑星として楕円形を描いて回っているため地球に一番近くなる満月の

お月さんは大きさで14%大きく、明るさで30%明るいと報じられていたが

我が屋のデッキから見る昨夜19時59分59秒のお月さんはいつもの満月と変わりがなかった。

同じ場所で同じ時間に計測しないと当然比較は出来ない!

しかし日本人にとってまた我が世代で更に右脳派に取ってはやはり満月でふと考えてしまうのは

竹取物語やウサギの餅つきにすぐリンクしてしまう。

これでいいのだ! 
[PR]
by cmftbl_wind5577 | 2012-05-06 10:47 | 雑件

急激に進む春を告げる花々のバトンタッチに脱帽!

a0265506_16496100.jpg


奈良東大寺二月堂のお水取りが終わり肌寒い京都の南に位置する

城南宮でしだれ梅と初めて出会い今年の春を体感し

a0265506_1651572.jpg


しかしこの親父に取ってあまりにも春のpowerを誇示する梅よりも

ひそかに咲いている藪椿に軍配を上げたのが本の一月前

a0265506_1745243.jpg


長いそして寒すぎた今年の冬の影響下でも本の1週間の遅れで待ちに待った大和路の桜が開花した。

  1996年米国シカゴから瀬戸内の国に赴任した時も

         栗林公園の桜が時差ぼけなしに待ち受けてくれた。

         今年は花のお江戸でミッドタウンでも桜を楽しみめたが

         雨と風が吹き荒れた春の嵐の後の奈良公園の杉苔の上には

         桜の花びらが自分の仕事はこれで終わったとばかり

         新緑のモミジの葉っぱを見上げている

a0265506_17111922.jpg


        誰が春を告げる花々達に 次の主役にバトンタッチの指示を出しているのか

        何時もこの時分になると自然界の完璧で神がかりな仕組みにただただ頭を垂れるだけである

       
     




  
[PR]
by cmftbl_wind5577 | 2012-04-22 17:35 | 雑件